医療と介護の両面からの在宅生活をサポート支援 介護支援専門員(ケアマネージャー)がサポートします。
お電話でのお問い合わせ

新着情報

  • すべて
  • お知らせ
  • 採用情報

咲花居宅介護支援センターについて

ごあいさつ

咲花病院に併設しており、常時数名の介護支援専門員(ケアマネジャー)を配置しております。利用者様はもちろん、入院・通院患者様のご相談も受け付けております。医療と介護、両面からのサポートで在宅生活を支援していきたいと思っております。

概要

事業所名 社会医療法人 啓仁会 咲花居宅介護支援センター
事業所番号 2770500268
所在地 〒594-1105 大阪府和泉市のぞみ野1丁目3番30号 咲花病院 西館1階
TEL 0725-55-7802
FAX 0725-55-8999
営業日 月~土曜日 ※祝日は営業しております。(年末年始を除く)
サービス提供時間 9時~17時
サービス提供エリア 和泉市全域 ※その他の地域に関してはご相談ください。

サービス内容

介護保険の認定申請から、ケアプランの作成、各種サービスや施設のご紹介、サービス提供事業者との連絡調整などを行っております。ご家庭での食事や排泄面、介護するうえで困っていることなどのご相談に応じ、患者様ができるかぎり自立した日常生活を営むことができるよう、一緒に考えていきます。

  • 介護保険の申請(代行)
  • 居宅サービス計画の作成
  • サービス事業者との連絡調整
  • サービス実施状況の把握、評価
  • 相談業務
  • ご利用者様宅へのご訪問

ご利用までの流れ

対象の方

介護保険で「要介護・要支援認定」を受けておられる方

  • 申請

    介護保険のサービスを利用するには、介護や日常生活に支援が必要な状態であることなどについて認定(要介護認定)を受けることが必要です。
    ご自身での申請も可能ですが、代行業務も請け負っております。

  • 認定調査

    要介護・要支援認定の申請があったときに、調査員が訪問し 、本人と家族への面接によって行う聞き取り調査のことです。

    主治医意見書作成

    申請を受けた市町村は、当該被保険者 の「身体上又は精神上の障害の原因である疾病又は負傷の状況等」について、申請者に主治医がいる場合には、主治医から意見を求めることとされています。

  • 介護認定審査会

    管轄の市町村により要支援・要介護認定や要介護度の審査判定が行われます。

  • 認定結果確定

    要支援・要介護認定の結果が通知されます。

  • ケアマネージャー選定・契約

    どこのケアマネジャーさんに依頼するかは自由選択です。

  • サービス利用開始

    担当のケアマネジャーと一緒にどのようなサービスが必要かどのように暮らしていきたいかなどを話しあい、個々に合ったサービスの選択を行います。

料金

ご利用者様のご負担はありません。

介護保険を使って利用できるさまざまなサービスのご紹介

訪問介護 訪問介護員(ホームヘルパー)が利用者の自宅を訪問し、食事・排泄・入浴などの介護や、掃除・洗濯・買い物・調理などの生活の支援を行います。
訪問入浴介護 自宅の浴槽では入浴が困難な方に対し専門のスタッフ(看護師・介護職員)が移動入浴車で、浴槽を自宅に持ち込み入浴介助を行なうサービスです。
訪問リハビリテーション 医師の指示のもと理学療法士などが毎回自宅を訪問しリハビリテーションを提供します。
訪問看護 医師の指示のもと看護師などが自宅を訪問して、療養上の世話又は必要な診療の補助を行います。
居宅療養管理指導 医師・歯科医師・薬剤師、栄養士などが医療機関への通院が難しい利用者様のご自宅に訪問し、療養に必要な管理や指導を行うサービスです。
通所介護
(デイサービス)
通所介護施設で、食事、入浴などの日常生活上の支援や生活行為向上のための支援を日帰りで行います。
通所リハビリテーション
(デイケア)
介護老人保健施設や病院・診療所など、理学療法士などの専門家や医師が配置された施設に通い、主に生活行為向上のリハビリテーションと、食事、入浴などの日常生活上の支援を日帰りで行います。
短期入居生活介護
(ショートステイ)
特別養護老人ホームなどの施設に短期間だけ入所し、食事・入浴・生活援助サービス・機能訓練が受けられます。
短期入居療養介護
(ショートステイ)
介護老人保健施設や医療機関などへ短期間だけ入所し、医学的な管理のもとで医療、介護、機能訓練、日常生活上のケアが受けられます。
福祉用具貸与 車椅子や介護用ベッドなど在宅介護に必要な用具を、借りる(レンタルする)ことができるサービスです。
住宅改修 自宅で介護を受けるために必要な住居の改修について、定められた6種類の工事については、介護保険が適用されます。1つの家屋につき20万円までは費用の1割負担で改修を行うことができます。
特定施設入居者生活介護 指定を受けた有料老人ホームや軽費老人ホームなどが、食事や入浴などの日常生活上の支援や、機能訓練などの提供を行います。
小規模多機能型居宅介護 施設への「通い」を中心として、短期間の「宿泊」や利用者の自宅への「訪問」を組合せ、家庭的な環境と地域住民との交流の下で日常生活上の支援や機能訓練を行います。
地域密着型介護老人福祉施設
入所者生活介護
特定施設で29人以下の規模になると地域密着型になります。サービスの目的により、①「事業者が介護職を採用して介護サービスを提供する」、②「外部の介護サービス事業所と連携し、サービスを外部から受ける」というものがあり、単価が異なります。
認知症対応型共同生活介護
(グループホーム)
認知症と診断された人が、介護職員などの援助を受けなら共同生活を送るサービスです。
認知症対応型通所介護 認知症の人に利用を限定し専門的なケアを提供する通所介護です。
  • 交通アクセス
  • 採用情報
  • お問い合わせ